「Runaway」DEAN FUJIOKAの歌詞の意味とドラマとの関係性とは

「Runaway」DEAN FUJIOKAの歌詞の意味とドラマとの関係性とは

「Runaway」DEAN FUJIOKAの歌詞の意味については、ドラマの挿入歌でもあるため詳しく知っておきたい人は多いですよね。

魅力的な容姿が人気ですが、アーティストとしても注目される存在です。今回は「Runaway」DEAN FUJIOKAの歌詞の意味と、ドラマとの関係性についてお伝えしていきましょう。



ドラマについて

「Raunaway」は、フジテレビ系木曜ドラマの「推しの王子様」の挿入歌として使われています。

そしてフジテレビが運営しているFODにて配信される、同ドラマのスピンオフ「ぼくは推しの王子様」の主題歌としても起用されているのです。

「推しの王子様」は夏ドラマの中でもロマンティック・コメディーとして人気を集めています。この曲がどのようにマッチングするのかも、期待が持てますよね。

歌詞の意味について

純粋に夢を見ていた頃もあったのです。そして風が歌っているのを感じながら、このメロディは永遠かもしれないと思えたのでしょう。

でもいつか声が震えてしまい、信じることもできずに選ぶのを諦めるようになっていたのです。

これは自分自身が出している、救いを求めるサインかもしれない。でもまだ遅いわけではないのです。救ってくれる存在は誰なのでしょうか。

きっとそれは自分なのです。人と比較をせずに、自分は自分だと思えるようになれればきっとこれからも進んでいけるはず。

振り返ることも迷う必要もないのです。人が多い街中では心が辛くなる時もあるでしょう。でも本当は向かいたい場所があるのです。今という大切な時間、明日に向かって駆けだしたいのです。

時には向かう場所について悩むこともあるのでしょう。心の中には、まだ解いていないパズルがあるのです。

でも間に合うことができるのです。自分を救えるのは自分だけ。だから何回でも許していけるはず。

生きていく意味については、時間が奪っていくように感じるのです。振り返ったり迷ったりしないで、ストーリーの中の自分に苦しむこともなく。

求めている場所に向かう自分でいたいのです。そうすれば今を大切にしながら、明日に向かえるようになれるでしょう。

 

躍動感のある雰囲気

ポップな雰囲気なので、聴いていて気持ちが明るくなれるように感じます。そしてメッセージも心に届きやすいと思えるはず。

今を大切にしていくためにも、時には過去にとらわれない自分でいるのも必要なのでしょう。

いつからであってもスタートが遅いわけではなく、間に合うことができるのです。始めていけるのは、きっと自分を信じているからなのでしょう。

一番自分を救える存在は実は自分自身だと思いながら、これからも日々を進んでいきたいですね。



関連記事一覧