DISH//「Replay」の歌詞の意味と魅力的な曲になっている理由

DISH//「Replay」の歌詞の意味と魅力的な曲になっている理由

DISH//「Replay」の歌詞の意味については、とても魅力的な曲なのでしっかりと把握をしておきたいですね。

いつも素晴らしい曲を私たちに届けてくれるDISH//。今回はDISH// 「Replay」の歌詞の意味とその魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



課題曲として

『第89回 「NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部 課題曲』として制作されたのが「Replay」です。

北村匠海が作詞をしています。とても心に響く曲の内容になっているため、今後を生きる中学生たちの胸にも届くメッセージが綴られているでしょう。

シングルリリースについて

2022年10月5日に15枚目シングルとして「Replay」がリリースされます。初回生産限定盤の付属Blu-rayとDVDはとても豪華な仕上がりになっています。

2021年12月にDISH//の結成10周年を記念して「DISH// 10th Anniversary Live」が行われました。

その時のファイナル公演のMCを含む全楽曲と共に

・はっとり(マカロニえんぴつ)との「僕らが強く。」(DAY1)

・OKAMOTO’Sとの「僕たちがやりました」(DAY2)

・あいみょんとの「猫」(DAY3)

これらのコラボ映像が収録されているのです。

 

「Replay」の歌詞の意味について

巻き戻すことはできず、同じ朝は二度と来ることはないのです。だからこそ共に歩んでいきたい。そして奇跡を掴みたい思いがあるのでしょう。

美しすぎる出会いと別れは繰り返していくのです。そして次の春までこれはきっと同じ。間違いではない、この瞬間はとても確かなものなのです。

声が心に届き、そこに生きる答えを感じたのでしょう。愛していきたい日々、そして輝く日々と、これからもきっと出会うことができるのです。自分にとって素晴らしい明日になっていくのでしょう。

他愛もない時間を過ごしたことを覚えてくれているはず。帰りのチャイムが鳴り、またねと口約束をするのです。

これが絶対に正解ということなど、青春には関係のない内容でしょう。大きな声で叫びたい、この時間を詰め込みたいのです。

間違いだと伝えて陽が落ちていくみたいに、瞬きをするたびにきっと明日へと繋がっていくのでしょう。

愛おしい、そして輝く日々たちは僕たちだけのものだから。様々な感情があるのです。でもこれらには行き場がないのです。

掴みたい思い、そして叶えたい願いがあるのでしょう。愛していきたい日々が未来に向けての1ページになるから。

間違いないと感じるのは、この瞬間。心に届いたその声、これがきっと生きる答えなのです。だからこれからの日々を夢で繋いでいくことができる。

そして他に変えることのできない、明日という日々に向かって進んでいこう。いつか見てみたい、自分たちの奇跡がきっとここにあるのでしょう。

 

リプレイできない瞬間

日々はとても大切なものです。そしてこの瞬間はリプレイすることはできないもの。でも愛おしい日々を抱きしめるようにすると、きっと未来へと向かっていけるはず。

これは学生だけではなく、全ての世代に対して伝えてくれているメッセージなのでしょう。今という時間は確かなもの。だからこそ大切にしていくことを、忘れないようにしたい思いがあります。

でも時に傷つき辛くなると、この瞬間が早く終わってほしいと思う場合もありますよね。でも後から考えてみると、その瞬間でさえもとても重要なものだったと分かるかもしれません。

 

心に寄り添ってくれる曲に

自分がこれから先に歩む道、ひとりだと思うと不安を感じることは多いですよね。でもこの曲は心に寄り添ってくれているので、安心感を与えてくれるのです。ひとりで歩み続けるのではなく、きっと出会いが訪れて、様々な出来事が自分を待ってくれているはず。

とても優しくて素敵なメロディーなので、感動する人も多いでしょう。実際に自分のこれからの道標として、聴いていきたい曲になっています。時が経っても自分の心の中から消えない、そんな素晴らしい曲だと感じるでしょう。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>Official髭男dism「Choral A」の歌詞の意味と映画との関連性について



関連記事一覧