• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • 平井大「愛しき日々の真ん中で」の歌詞の意味と込められたメッセージ
平井大「愛しき日々の真ん中で」の歌詞の意味と込められたメッセージ

平井大「愛しき日々の真ん中で」の歌詞の意味と込められたメッセージ

平井大「愛しき日々の真ん中で」の歌詞の意味については、切ないラブソングになっているので詳しく理解しておきたいですね。

今回はどのような曲を私たちに届けてくれたのか、とても期待が持てます。それでは平井大「愛しき日々の真ん中で」の歌詞の意味、込められたメッセージを一緒に見ていきましょう。



第15弾楽曲

3週間に1度のペースにて、日曜日に連続配信リリースを続けている平井大の第15弾楽曲になるのが「愛しき日々の真ん中で」です。

愛しさと大切な人を忘れられない想いが綴られている、とても素敵なラブソングでしょう。平井大の世界はとても自然に入ることができる、とても穏やかなものでもあります。

これは彼が表現しようとしている内容が、私たちに向けた大切なメッセージだからでしょう。

歌詞の意味について

静かに願っていることがあるのです。きっと来ないと感じる明日という日を。今までは一緒に過ごせるのを、まるで当たり前のように思っていたのです。

未来についても、描くことができていたのでしょう。でも大切な人が今は近くにいないのです。そして今日という日は流れるように過ぎていく。

奇跡が起こるとしたら、大切な人にもう一度会いたいと願う曲の中の主人公。とても好きだったと、今も言える想いがあります。

日々を過ごしていても、存在をいつも思い出すのです。また会える日は来るかもしれない。その日まで待ち続けたい願いがあるのでしょう。

忘れてしまいたくないのです。それよりも待っている方を選びたい。もし願う未来が訪れないとしても。

消えてしまうと感じる希望は、まだ胸の中にあるのです。描いていた一緒に過ごす未来が、まだ心の中にあるのでしょう。この中でも今日という日々を一人で過ごしている。

心の中の想いが変わることはないと、自分でも確信があるのです。今も大切な人を待つ気持ちがあるのでしょう。

記憶の中には、二人で過ごした時間があるから。二人にとっての大切な場所も、そのまま心にあるのです。

もし会えるとしたら伝えたいこと。それは一緒に過ごしてきた大切な日々の中で、待ち合せたいという思いなのです。

 

心の中の変わらぬ想い

忘れたくない、それよりも待ち続けていたいという切ない願いが伝わってきます。奇跡は起こる可能性があるのです。

これに対して願いたい気持ちがあるのでしょう。離れてしまったからこそわかる、相手の存在の大切さもあります。

失恋ソングと呼んでしまうには、まだこれからの未来を感じる曲でもあるでしょう。心に忘れられない存在がある人に、ぜひ聴いてほしい曲だと感じます。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>「優しさの剣」Novelbrightの歌詞の意味とドラマとの関連性について



関連記事一覧