DOBERMAN INFINITY「夏化粧」の歌詞の意味と季節を感じる魅力とは

DOBERMAN INFINITY「夏化粧」の歌詞の意味と季節を感じる魅力とは

「DOBERMAN INFINITY」夏化粧の歌詞の意味については彼らの12枚目のシングルでもあることから注目したいところ。

今回はどのような雰囲気の曲に仕上がっているのでしょうか。DOBERMAN INFINITY 「夏化粧」の歌詞の意味、そして季節を感じる魅力をお伝えしていきますね。



夏化粧とは

夏化粧と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。これいついては夜の闇に打ち上がる花火に照らされた瞬間の女性の表情を、このように表現しているのです。

とてもロマンチックで季節感を与えてくれるタイトル。そして曲としてはミディアムバラードなので、歌詞が心に入りやすいのも魅力でしょう。音や色さえも感じることができる、とても素敵な曲になっているのです。

歌詞の意味について

花火が上がると、まるで夏の模様のように感じるのです。これがまた思い出の時を照らしてくれる。

雨が降っていたとしても、新しい葉を見ることができるのです。手をつなぎはしゃいでいる少年と少女。

一人で歩いているのは、大切な人と歩いた道と同じなのでしょう。浮かんでくるのは自分よりも先に、水たまりを飛び越えそして笑顔になった大切な人。

この街は変わることはないのです。二人で未来について語り合ったこの場所。夜がとても短く感じて、明かりの中で着飾っていた時間があったのでしょう。

そして8月の風についても思い出すのです。夏という季節の中、理由がなくても探しているものがあるのです。

人混みの中で夏祭りの日に、歩いたことを思い出すのです。その風景が心に浮かぶのでしょう。花火と共に時間を忘れて見惚れていたのは、夜空がとても綺麗だったから。

花火の光はとても美しく、そして何も聴こえなくなるのです。横顔が花火の輝きに染まる大切な人。

明日のことを話していた時間について思い出すのでしょう。この記憶は夏が終わるのと同じように、消えていくかもしれない。そして最後の花火が上がるのです。

ゆらゆらと輝きながら、一瞬の中に永遠を見たように感じているのです。夏の海の中に夢は消えていくのかもしれない。そして大切な人の美しい横顔がまた心に蘇るのでしょう。

 

夏の恋の儚さについて

夏の恋はまるで花火のように、消えやすいものかもしれません。でも情景はいつまでも心に残っているのでしょう。

大切な人と過ごせた夏は、特別なものになるのです。季節が巡り次の夏が来ると、また思い出す場面もあるでしょう。

この時に自分がその時間をどれほど幸せに感じて、そして大切な人を愛していたのかを懐かしむのです。

このような記憶があるから、きっとこれからもまた思い出を重ねて夏を過ごしていけるのでしょう。



関連記事一覧