「あいつが上手で下手が僕で」のあらすじとキャストと魅力とは

「あいつが上手で下手が僕で」のあらすじとキャストと魅力とは

「あいつが上手で下手が僕で」のあらすじとキャストについては、劇場とは呼びにくいような場所にて仕事をしなければならない芸人たちの思いや努力などが関係する内容なので、深く理解しておきたいですね。

今回は「あいつが上手で下手が僕で」のあらすじとキャストについて、詳しくお伝えしていきますのでぜひチェックしてみてくださいね。



あらすじについて

8人の芸人は『湘南劇場』と呼ばれる、劇場にしては寂れてしまっている場所にて仕事をしなければならなくなります。

このままの状態では、芸人を続けていくことはできないかもしれないと8人は思うのです。とても苦しい状況の中で、どのような手段にてこの場所から脱出することができるのでしょうか。

仲間として協力し合うこともありますが、逆に相手を蹴落としてでも自分が上にならなければならない場面も。

芸人になって売れるまでには、期限があるという考え方もありますよね。このため相方という距離を保ちながら、努力や忍耐の中で日々を過ごしていくのです。

その中では友情が生まれたり、喧嘩をしたり嫉妬をしたりするのですが、そこにも芸人であるからこそ、笑いはいつも存在しているのです。

この場所からどのようにして抜け出すことができるのか、そこには青春を感じさせる魅力があるのです。出演者たちを視聴者が応援できるドラマの内容になっているでしょう。

キャストについて

4組のコンビ芸人にて、このドラマは成り立っています。それぞれが漫才師とコント師であり、漫才師コンビの「エクソダス」「らふちゅーぶ」、コント師コンビの「ロングリード」「アマゲン」が繰り広げる物語がとても興味深いですよね。

漫才師「エクソダス」のメンバーである時浦可偉役を演じるのは荒牧慶彦です。母一人、子一人の暮らしをしてきて、母親特製のオムライスが今も大好きなのです。

そんな可偉とコンビを組むことを熱望したのが、和田雅成が演じる島世紀。こちらは逆に大家族の長男で、「エクソダス」では可偉がボケ担当、世紀がツッコミ担当です。

「あいつが上手で下手が僕で」に登場する人物たちはとても個性豊かで、別のコンビのメンバー同士が元相方であったり、それぞれのコンビで相方に対して抱えている思いが違ったりするのがとても見ていて楽しいですよね。

 

公式グッズも魅力のひとつに

「あいつが上手で下手が僕で」は、2021年10月9日(土)より読売テレビにて放送が始まっています。漫才師、そしてコント師同士のやりとりがとても面白く、若手芸人の苦労を裏側から垣間見ることができるような貴重な物語ですね。

また、そんな「あいつが上手で下手が僕で」の公式グッズが販売されているようです。ブロマイド、アクリルスタンド、缶バッジなど。この機会にぜひゲットしたいアイテムが盛りだくさんなので、ドラマと一緒に楽しんでみましょう。

 

公式HP:https://www.ntv.co.jp/kamishimo/



関連記事一覧