「泡沫の夜」nqrseの歌詞の意味と魅力を感じる理由とは

「泡沫の夜」nqrseの歌詞の意味と魅力を感じる理由とは

「泡沫の夜」nqrseの歌詞の意味については、新進気鋭のシンガー/ラッパーのなるせが新曲として公開したこともあり、深く理解をしていきたいですよね。

今回は「泡沫の夜」nqrse(なるせ)の歌詞の意味、そして魅力を感じる理由についてお伝えしていきましょう。



ボカロPについて

この曲はボカロPとして広く知られている、ポリスピカデリーが書き下ろした楽曲です。とてもお洒落で魅力的な曲になっているので、ぜひ今後も聴いていきたいですね。

歌詞の意味について

今は何とか自分を保っていたいのです。せめて夜が明けて日が昇るまで。目をそらしたい、不安感があるのです。

現実かどうか分からないニュースについても、辟易してしまうのでしょう。ありきたりの言葉で構わないのです。ただ今の自分の虚しい思いを少しでも消してほしい。

溢れて出てしまいそうな思いがあるのです。だから夢の中でだけでも今夜は笑顔でいたい。景色がかすみそして大切な思い出と共に、静かな夜の中に包まれたいのです。

ため息が出てしまう時もあるのです。でも胸を熱くしながら、待ちたい思いもあるのでしょう。運命を信じているようで、世話になってはいけないように感じるのでしょう。

偶然出会えた大切な人、その存在があれば大丈夫だと思えるのです。空を見ているとまるで夜風に叱られているような思い。タバコの灰を見ているのでしょう。

明日はきっと待っている、でも夢が遠いものになったように感じるのです。自分を何とか納得させながら、今日を生きるために動くのでしょう。

夜に溶かしてしまいたいものがあるのです。そして金曜の夜に部屋の中には、見守られているように感じる灯がある。

人と同じように過ごして生きていく日々。これに対して思い悩む時もあるのです。でも夜がやってきた、だからもうあまり考えたくない気持ちになるのでしょう。

奇跡が起こると信じているのは、自分の心の中には驚くようなストーリーがあるから。どこにでもありそうな街かもしれない。それでもきっと変わることもあるのです。

 

現実と夢を行ったりきたり

現実を分かりすぎているから、夢の中に入っていきたいと感じるのです。本当のことを、これ以上深く考えたくないと思う夜があってもいいのではないでしょうか。

時間にゆらゆらと自分の心を任せてみる時があり、現実を穏やかにもし受け入れられたのならとても理想的ですね。

でもそんなに簡単なものではない、だから葛藤をしつづけるのでしょう。こう思うのが自分だけではないことを、この曲を聴いて感じるはずです。そしてだからこそ、今後どう動いたらよいのかについても考えていけるようになれるでしょう。



関連記事一覧