SixTONES「マスカラ」の歌詞の意味と魅力的な曲になっている理由

SixTONES「マスカラ」の歌詞の意味と魅力的な曲になっている理由

SixTONES「マスカラ」の歌詞の意味については、5枚目のシングルでもあるため注目をしたいところですよね。

今回はどのような世界を、私たちに見せてくれるのでしょうか。ではSixTONES「マスカラ」の歌詞の意味、そして魅力についても詳しくお伝えしていきますね。



楽曲提供について

「マスカラ」は、常田大希による楽曲提供です。常田大希と言えばKing Gnu としても、そしてmillennium paradeとしても活躍をして、才能豊かな人物ですよね。

この曲は満たされない想いに対しての揺れ動く気持ちを描いた、とても切ないラブソングになっているのです。

お洒落でもあり切ないこのラブソングを聴いて、浸りたいような日もあるかもしれません。

歌詞の意味について

いつもと変わらないような笑顔、そして普段通りのキス。単純で簡単な物語が、一番理想的なのです。

終わりがある、そう分かっているのなら始めなければよかったかもしれにない。でも分かっていたのです。そして変わってしまったと感じるのでしょう。

馴染んでいる景色を自分の中に取り入れたとしても、なぜか日々は空虚なものになってしまったのです。なぜなら大切な存在のことを忘れようとする自分がいるから。

強くなりたい、そうすれば素直になれるかもしれない。完璧でいたいなんて思う必要はないのです。

涙を乾かすことができたのなら、出かける時期かもしれない。マスカラは綺麗な、状態ではなくても構わないのです。

夢は終わらない、きっとこの恋は間にあった出来事なのです。好きになった人の瞳が、自分の胸に刺さるようだったのでしょう。

でもどんなに食べ尽くしたくてもできない。雨に打たれるように感じる時もあるのです。

普段通りの日々の中、どこか足りていないと感じているのでしょう。強くなれたとしたら、許し合えるかもしれない。

幼いふりをせずに、涙が乾いたとしたら出かけてみよう。マスカラが剥がれてしまったままでいいから。

強くなりたい、そうすれば優しくなれるはず。嘘でごまかしてきたけれど、悲しいと感じる雨を受け入れることができたのなら出かけられるでしょう。きっと出会えた時の二人になれるのです。

 

切ないラブソングが響く

歌詞を読んでいると、大人になりたいけれどなりきれないような、やるせなさを感じるものでもあります。

どんな恋愛にも終わりが来るように感じたとしても、止められない想いがあるのでしょう。でもそのままでいい、飾る必要なんてないと教えてくれる曲でもあるのです。

大切なのは愛することで、この日々を大切にすることかもしれないと思えると、恋愛に対しての気持ちを変えていけるでしょう。



関連記事一覧