• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • 「夏の午後はコバルト」Awesome City Clubの歌詞の意味と季節を感じる魅力
「夏の午後はコバルト」Awesome City Clubの歌詞の意味と季節を感じる魅力

「夏の午後はコバルト」Awesome City Clubの歌詞の意味と季節を感じる魅力

「夏の午後はコバルト」Awesome City Clubの歌詞の意味については、ドラマのオープニングテーマとして起用されていることから、深く知っておきたいですよね。

これからも活躍が期待されているAwesome City Clubの新曲。今回は歌詞の意味とその魅力を詳しくお伝えしていきましょう。



ドラマについて

「夏の午後はコバルト」はドラマ「彼女はキレイだった」のオープニングテーマです。このドラマのために書き下ろされた曲なので、とても興味深いですね。

アップテンポで夏を感じさせるような魅力ある曲に仕上がっています。そして歌詞がドラマの内容ともマッチしているので、聴いていて更にドラマに引き込まれていく人は多いでしょう。

 

歌詞の意味について

暑い日差しを感じると、負けてしまいそうになる時があるのです。街の中は作ったもので溢れているように感じる。でもそんな中でやっと見つけることができた大切な人の存在があるのです。

今までは自分に素直になれなかったのです。でもこれからは信じる気持ちを大切にしたいのでしょう。自分次第でできると気付くことができたのです。

ずっとこれからも進んでいけるのです。歩幅については自分で決めればいい。失敗をしたとしても、間違ってしまっても隠さない自分でいたいのです。

まるで子供の頃のように笑顔で過ごす、夢を見ていたいと感じる季節でもあるのでしょう。

もし人から笑われる時があっても、正直でいたいのです。そして自由な思いを持って話していきたい。イメージをしているだけではなく、先に向かいたいのでしょう。

涙が流れたとしても、ここから優しい心が生まれるかもしれません。そう思うことができるのは、過ぎた日々を美しく思うからでしょう。

光を信じて自分らしさを大切にしながら、幸せを見つめて生きていきたいのです。子供のように純粋で無垢な気持ちで、夏に輝きく自分になりたい思いがあるのでしょう。

これからはきっと自然体で、そして自分の望む歩幅にて進んでいけるのです。隠してきたことも今後は隠さずに、そして笑顔にて過ごしていけると感じのでしょう。

 

子供の頃の風景が浮かぶ曲

子供の頃を懐かしく思い出せる曲になっています。これはドラマの世界とリンクしたものでもありますよね。

そして自分自信の子供時代についても「あんなことがあったな」「〇〇になりたい夢を持っていた」と思う気持ちになるでしょう。

子供の頃を振り返り、そして新しい気持ちで自分らしく歩んでいけるのです。とてもポジティブでまっすぐな歌詞の内容が素敵ですね。



関連記事一覧