「FRIED GREEN TOMATOES」GLAYの歌詞の意味とニューアルバムへの思い

「FRIED GREEN TOMATOES」GLAYの歌詞の意味とニューアルバムへの思い

「FRIED GREEN TOMATOES」GLAYの歌詞の意味については、ニューアルバムに先駆けた5ヶ月連続配信リリースでもあるため把握をしておきたいところ。

今回はこの曲の歌詞の意味、そしてニューアルバムへの思いについてもお伝えしていきましょう。



FRIED GREEN TOMATOESはどんな曲?

TAKURO作詞作曲のミドルナンバーで、過去に何度もリリースが予定されていました。でも見送られてきたのです。

そういった中でやっと今回納得できる形となったので、リリースされることが決定しました。

とてもGLAYらしい曲だと思うと、TAKUROは語っているのです。そしてこの曲は、5ヶ月連続配信リリース第一弾となります。

年内リリース予定のアルバムに向けて、今後の展開がとても楽しみですね。

歌詞の意味について

夕日を見ながら、昔見た映画の思い出深い場面が重なるのです。笑顔がとても溢れている。街中にいても、自分の状況により人々の表情などが違うように感じる時も。

こんな時に隣にいてくれる大切な存在は、どんなふうに思っているのでしょうか。誓ったことがあった、そして仲間が応援してくれた。このことが自分の中に今でも残っているのです。

誰も責めることはできない、今の自分の状態に対して大切な人はどう感じるのか…。

メロディに思いを乗せて、心が弾む時もあります。このような時に大切な言葉が、すぐ近くにあるように感じるのでしょう。

美しい花を見た大切な人が、自分に渡してくれたのはとても素晴らしいもの。これは今の心の中にあるのです。

現実を見つめるのが、難しいと感じる場面もあるでしょう。そして願いや夢が消えていく。でも揺れてしまう思いを、支えてくれる存在はどんな時でもきっとあるのです。

そして生まれてきた意味についても、同じようにあるはず。時にはこういうことについて、考える時間を持つのも必要かもしれません。

明日がどんな日になったとしても、大丈夫だと思える強さを持ちたい。一緒に通ったカフェでの思い出、そして映画の場面の終わりについて考えるのです。

大切な人が愛していた場所にも、季節が巡り春はくると感じるのでしょう。とても素敵な笑顔を見ながら、ふざけあっていた日々。

心の中に忘れることのない思いを持ちながら、今後も歩んでいくのでしょう。

 

今後の配信も楽しみ!

今後もどのような曲を、届けてくれるのかとても楽しみに感じる人は多いですよね。GLAYだから、GLAYでしか表現できない世界があるのです。

聴くことにより心に響き、そしてニューアルバムについてもつながっていくステップ。これからも期待感を持ち、GLAYの曲を聴いていきたいですね。



関連記事一覧