ネルソンズのネタが面白い!和田まんじゅうのキャラが鉄板ネタ

ネルソンズのネタが面白い!和田まんじゅうのキャラが鉄板ネタ

ネルソンズのネタは面白いと評判です。ネクストブレイク候補にも挙がるなど、人気上昇中のお笑いトリオです。劇場の舞台だけでなく、テレビにも出演しネタを披露することも増えつつあるので、知名度も上がってきています。

ネルソンズについて紐解いてみましょう。



ネルソンズのネタの魅力

ネルソンズのネタは、何といっても和田まんじゅうの魅力的なキャラが鉄板ネタです。なごみ系の雰囲気を持った、独特な面白キャラを活かしたネタが中心になっています。

最近、中年男性役がしっくりくるようになり、和田まんじゅうが演じるキャラの面白みがはまり、人気が上向きになったように感じます。

3人とも体力に自信があり、体を張ったネタも魅力です。

 

トリオ結成について

ネルソンズは、青山フォール勝ち・和田まんじゅう・岸健之助の3人で、2010年に結成しました。3人とも吉本興業の養成所NSC東京校で2008年に学んだ同期です。同期には他にEXITのりんたろー。や相席スタートの山添寛、ダイタクなどがいます。

青山と和田が中学時代からの友人で、最初は「ワダヤマブルー」というコンビでした。そこに岸が加わる形で、トリオ「ネルソンズ」になりました。

青山と和田が、アマチュアレスリング経験者で、技の名前がコンビ名の由来です。

3人のプロフィールについて

青山フォール勝ち(本名:青山久志)は、1986年1月19日生まれ、島根県松江市出身です。レスリングで大学時代に日本代表に選ばれ、オリンピックを目指すほどの実力者です。

和田まんじゅう(本名:和田朋丈)は、 1985年9月20日生まれ、島根県松江市出身です。青山と同じ中学でレスリング部でした。青山に誘われて芸人となり、コミカルなセンスが光ります。芸名にもインパクトがあります。

岸健之助は、1983年8月9日生まれ、山口県下関市出身です。剣道3段でなかなかの腕前です。コントでは女性役をおこなうこともあります。

吉本興業公式サイト:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3451

 

賞レースでの活躍

2016年元日の「ぐるナイ おもしろ荘」で優勝し、知った人もいるでしょう。翌年にはブルゾンちえみが優勝し大ブレイクしましたが、残念ながらネルソンズはブレイクとまではいきませんでしたが、爪痕を残しました。

2017年と2018年に、NHK新人お笑い大賞とにちようチャップリンお笑い王決定で、ともに2年連続準優勝と、あと一歩といった感じです。

2019年にはキングオブコントで決勝に進み、6位の結果でした。コントの実力が認められ、着実に知名度をアップしています。ブレイク間近と注目のトリオです。



関連記事一覧