ゆず「NATSUMONOGATARI」の歌詞の意味とアフターストーリーの魅力

ゆず「NATSUMONOGATARI」の歌詞の意味とアフターストーリーの魅力

ゆず「NATSUMONOGATARI」の歌詞の意味は、2004年に発売された曲のアフターストーリーでもあるため、把握をしておきたいと思う人は多いですよね。

どのような思いが込められているのかについても、ファンなら知っておきたいはずです。今回は「NATSUMONOGATARI」の歌詞の意味と、曲の魅力をお伝えしていきましょう。



「桜木町」について

「NATSUMONOGATARI」は2004年に発売されて現在もファンから根強い人気のある「桜木町」のアフターストーリ―として描かれた作品です。

「NATSUMONOGATARI」の曲中には「桜木町」のイントロやメロディや歌詞など、曲を思い出させる内容になっているのが魅力でもあるでしょう。

過去を振り返りながら未来に進んでいこうとする、横浜を舞台にした切なさを感じさせる夏のラブソングになっているため、とても素敵な曲なのです。

歌詞の意味について

輝いている光をみながら、大切な人との約束について振り返るのです。そして手を振りながら、懐かしさを感じるのでしょう。

記憶は曖昧いなようで、明確な時もあるのです。まるで時間が戻ったように、横顔を思い出す自分がいるのでしょう。

季節が変わっていき、思い出について考えてみるのです。そこに意味があるのかどうかと。恋愛をしていた頃の自分については、これからも続いていくものなのかもしれません。

夏のせいにしながら、別れを伝えたのでしょう。お互いに同じ思いがあったのです。そして過去を忘れるようにして、未来に向かったのです。

幸せな結末を期待していたわけではなく、永遠についてもきっとないことを知っていたのでしょう。

恋愛をしていた時間は、きっと魔法なので解けてしまうもの。でも戸惑いを感じながらも、一緒に過ごしたい気持ちがあったのです。夕暮れを見ながら、切なさが蘇ってくるのでしょう。

なぜ心変わりをしてしまったのかと自分に問いかけるのです。大切な人はどう思っているのでしょうか。

待ち合わせた場所にはもういない、そして最終電車が来ないように感じるのです。思い出に溢れているのでしょう。

占いを苦手だと思っていた自分でも、もし大切な人に合えたのなら全てを信じてみたい。でも心が揺れていたとしても、自分の願いに対して虚しさを感じるのです。

街はこれからも変わっていく。でも目を閉じてみると一緒に過ごした日々が心の中に残っているのです。

繋いでいた手を離したあの時、その辛さが蘇り少し立ち止まっている自分に気づくのでしょう。

 

様々な思いが交錯する曲

大切な人と過ごしてきた日々、でもそれはもう返らない過去のものだとわかっている自分がいるのです。

この中でも探してしまうのは、あの時の二人。それは心の中に、まだ整理しきれていない想いがあるからなのかもしれません。



関連記事一覧