「GHOST」星街すいせいの歌詞の意味と人気がある秘訣について

「GHOST」星街すいせいの歌詞の意味と人気がある秘訣について

GTOSTの歌詞の意味については、星街すいせいの6枚目のシングルということもあり、注目されているのです。

今回はこの曲の歌詞の意味、そして人気がある理由について詳しくお伝えしていきましょう。

6thシングルについて

2021年4月13日に公表された曲です。発表と同時にYouTubeにて配信されました。星街すいせいは、バーチャルYouTuber、バーチャルアイドルです。

歌手活動やゲーム実況などの配信活動をしています。それ以外にもイラストやデザイン作成、そして動画編集も行っているのです。

星街すいせいが今回届けてくれたのが「GHOST」。どのような曲なのか、とても楽しみですね。

 

歌詞の意味について

自分の中に浮かんだ感情に対して、言い訳をして日々を過ごしたのです。揺れることなく、とても安定したように見える街の明かり。

信じたくない、でもそのまま踊り続けているのです。自分を示すために、言葉を続けたのでしょう。

自分の存在が見えていない、この声もきっと聞こえていない。影さえも綺麗なものではないかもしれない。

そんな中でも、ただ声を出し続けたいのです。自分の存在に気づいてほしい思いがあるのでしょう。

明るい光でさえ、恨んでしまいたくなるのです。まるで何か意味があるように、影だけが伸びていく。

大切にしたい思いがあっても、なぜか涙のようにこぼれてしまうのです。自分の思いそして存在を知ってほしくて、言葉を発し続ける。

まるで見えていないように、まるで声も聞こえていないように。とにかく叫び、そしてあがくしかないのです。

今の自分は裸足のままかもしれない、でも気付いてほしいのです。答えが分からない、だから教えてほしい気持ちがあるのでしょう。

まるで馬鹿にされているように思い、辛い気持ちに時も。でもせめて心だけは、馬鹿にされたくない思いがあるのです。

街が自分をあざ笑うかのように感じて、歩いていても気持ちまで重くなってしまいそう。でも裸足のままで走り続けるのです。

変わりたくない、そして諦めたくない思いがあるから。ただ自分の言葉を続けていくだけなのです。

影さえ美しいものではないかもしれない。でも声を枯らし、すがりながら自分がここにいる証明をしたいのです。

そうしなければ、自分はこのままゴーストのように生きていくしかないから。



自分の存在する意味とは

大切な人にだけは自分を認めてほしい、でもその願いさえ叶わないと感じる時があるのかもしれません。

このような時でも諦めることなく言葉を伝えたい、切ない思いを感じる曲でもあるのです。きっと届く、いつか分かってもらえる。そう信じて今日も言葉を伝えて続けていく。でもきっとこの行動には必ず意味や価値があるのです。

関連記事一覧