「桜晴」優里の歌詞の意味と卒業ソングとしての魅力

「桜晴」優里の歌詞の意味と卒業ソングとしての魅力

桜晴は優里の新曲ですが、歌詞の意味については卒業ソングということから、興味がある人は多いのではないでしょうか。

今回は桜晴の歌詞の意味、そして卒業ソングとしての魅力についてお伝えしていきますね。



優里の初の卒業ソング

ファンから届いたメールをきっかけに、制作されたのが「桜晴」です。父母や友人への感謝の気持ちを胸に、旅立ちそして出会いの帰路に立つ主人公が描かれた内容の曲になっているのです。

卒業には人により様々な思いがあるもの。この曲が心に響く人が多いことが想定されます。

歌詞の意味について

いつもの日常の中、懐かしさを感じるような午後。このような日には母の声が聞こえてくるように感じて、心がギュッとなる自分を感じるのです。

桜が舞う日、その場所で父の背中を追う曲の中の主人公。このような場面が心に浮かんでくるのでしょう。

笑顔になりたい、でもなれない日もあるのです。悲しいわけでもないのにと、自分でも不思議な気持ちがあるのでしょう。

両親の面影が心に浮かぶ、自分の背中をそっと押してくれるような晴れた空と桜。涙があふれてくるのは、なぜなのかと自分でも考えているのです。

母が買い物をして帰宅をしてくれた、そのことに対して感謝の気持ちを持つ主人公。この思いが心の中に溢れるのです。

どのような時でも、自分を育ててきてくれた存在。辛くて挫けてしまいそうな夜もあったのです。

笑顔になれずにいる自分を感じながら、振り返る日々もあるのでしょう。心ない言葉に苦しいと思った時も。

でも今自分の背中を優しく押してくれる、だから前に進むことができるのです。皆で一緒に同じ歌を歌うと、分かることもあるのでしょう。

人を憎む気持ち、苦しいと感じた出来事については、今は忘れてこの時間を過ごそう。もし上手に笑顔になれなくても、無理をしなくていいのです。

さようならが言えないとしたら、またねと伝えてもよいかもしれない。もしこの日や大切な存在が遠くなっていくとしても、忘れるような自分ではいたくないのです。

この日を思い出し、歩んでいく自分でいたいと願う気持ちがあるのでしょう。

 

誰にでも忘れられない思い出がある

「卒業」というのはとても不思議なものですが、大切な思い出だと感じる人は多いですよね。この日があったからこそ、今の自分があると思わせてくれる曲でもあるのです。

桜がそして晴れた空が見守ってくれていた日。大切な人たちへの感謝の気持ちを持ち続けていきたいという思いも、とても素晴らしいですよね。



関連記事一覧