「祝祭」sumikaの歌詞の意味とは?CMソングにも起用!

「祝祭」sumikaの歌詞の意味とは?CMソングにも起用!

祝祭はsumikaの新曲で先行配信曲。歌詞の意味としても気になるところです。ニューアルバムが2021年3月3日にリリースされます。

その中から新曲として「祝祭」が配信されるのです。今回は歌詞の意味と、CMソングとしての魅力についても見ていきましょう。



CMについて

祝祭は現在放送中の森永製菓「受験inゼリー2021」のCMソングとして使用されています。頑張っている受験生にとって、強く優しく応援してくれている曲のようにも感じます。

このためCMとの相性も、とても良いですよね。既にテレビで観た人も多いのではないでしょうか。

歌詞の意味について

晴れのち雨になるような時があっても、このまま歩んでいきたい思いがあるのです。妄想でもよいので、本音で話し合いたい気持ちも。

これが理想や夢ばかりでもよいのです。今持っている覚悟について、話し合う時間を持ちたいのでしょう。

嘘に見えて悩むようなことがあっても、そのままにしておけばいいのです。夢を見たとしてもこれを正夢に変えていくために、進んでいきたいと考えているのでしょう。

一生はこの一度しかないと考えると、後悔はできるだけないように歩んでいきたい思いがあるのです。

普通とはどういうものなの分からない。でもこのままでは退屈なように感じるのです。ちょっと笑えてしまうぐらいの方がいいかもしれない。

調べようとしてサイトを使うよりも、そのまま傷つくような時があってもいいと伝えているのです。

晴れた後にもし雨がきたとしても、傘をさそうとは思っていないのです。風が吹くようなことがあっても、嘘をつくということが消えてしまうまで。

雨から晴れになったとしたら、虹がかかるかもしれません。これをくぐりたい思いがあるのです。

今ここから歩いていくことができるのなら、迷っている時間などないのです。緊張感は時に辛いものですが、これがあったからこそやっていきたい思いが芽生えたのでしょう。

自分の行く道を自分で閉ざしてみた時に、見つけられるものもあるのです。諦めるのは楽かもしれないけれど、望んでいない自分がいるのでしょう。

どのような時でもお互いに喜び合いながら、未来に向かって歩んでいきたい相手がいるのです。

もし虹を見るような時がきたのなら、新しい世界を見つけることができるのです。この時にやっと会いたかった相手と出会うことができるのです。

 

苦しい日々は続かない

苦しい日々の中、いつになれば明るい時間が訪れるのか不安になる時も。でも天気が変わっていくように、日々は変わっていくのです。

どのような時でも歩んでいく勇気、それを持つことができれば虹を見つけられるでしょう。そしてきっと出会えるべき人と会えると、曲を通してエールとパワーを与えてくれているのです。



関連記事一覧