• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • 「ずっとずっとずっと」緑黄色社会の歌詞の意味と込められたメッセージ
「ずっとずっとずっと」緑黄色社会の歌詞の意味と込められたメッセージ

「ずっとずっとずっと」緑黄色社会の歌詞の意味と込められたメッセージ

「ずっとずっとずっと」緑黄色社会の歌詞の意味については、最近とても人気のある緑黄色社会の新曲でもあるため、知っておきたいと思う人は多いですよね。

この曲はテレビCMにも使用されているのです。今回は「ずっとずっとずっと」緑黄色社会の歌詞の意味と、込められたメッセージをお伝えしていきましょう。



CMについて

「ずっとずっとずっと」は長屋晴子(Vo/Gt)のテレビCM初出演が話題となった、アサヒスーパードライ ザ・クールのCMソングとして、書き下ろされた曲なのです。

本来はお酒があまり強くない長屋晴子ですが、ビールへの憧れを叶えられたという思いがあるとのこと。

CMでは弾き語りによる、アコースティックバージョンが使用されています。こちらについても注目したいですね。

歌詞の意味について

どんな時でも、忘れてはいけないことが多いと感じるのです。風が吹くと思い出すものがあり、これを自分の中に取り入れながら歩んでいくのでしょう。

人生は一度しかない、そう言われてもまだよくわからないのです。でも納得できない思いがあるのは明確なのです。

だからこれからも頑張っていきたい。正しいことは実はないかもしれないけれど、探している自分がいるのです。

今日という日は一度しかない。理解しているのに、悔しいと感じたり泣いたりしてしまうことも。

でも明日に対して期待したいと感じているのなら、それに対しては喜びだと思いたいのです。

諦めたくないと思うものが多いのです。大切にしたい思いは、これからも大切にしつづけたい。

過去の自分が教えてくれたことがあるのです。自分自身の涙もきっと無駄なものではない。流行にばかりとらわれていたくない、そう思っているのでしょう。

負けたくない思いがあり疲れていてはいけないと感じながらも、辛くなってしまう時があるのです。

このような時に、ないものねだりになり泣いてもいいのです。穏やかな気持ちになれる時がきっとくるでしょう。

その時には、もう許してしまってもいいと思えるかもしれません。感情について、本物がどれなのか見失いそうになってしまう時も。

でもどれが本当なのか、分かっているはず。自分とはこれからも、ずっと付き合っていくのです。

明日に対して望むこと、それは何なのでしょう。でも自分なりに愛していると、世界に対して思えるのです。やり残したことをやっていきたい自分、その存在を見放したくないのでしょう。

 

ビールを日々と絡めた歌詞に

日々を飲み干してしまいたいようなものの時も。それをビールの世界と絡めているような歌詞でもあるのです。

でもこれがとても自然で、イメージしやすいものになっているのが特徴的でしょう。歌唱力の高さからも、心地良く聴ける曲になっているのです。



関連記事一覧