• HOME
  • ブログ
  • 趣味
  • 「恋々こい」のストーリーや登場人物の魅力は?正反対な二人の恋模様とは
「恋々こい」のストーリーや登場人物の魅力は?正反対な二人の恋模様とは

「恋々こい」のストーリーや登場人物の魅力は?正反対な二人の恋模様とは

「恋々こい」は、集英社・マーガレットにて連載中のコミック作品です。正反対な二人の恋模様にハラハラドキドキが止まらない少女漫画となっていますが、詳しいストーリーはどのような内容なのでしょうか。

作者はしちみ。今回が初連載ということなので、ぜひ注目していきたいですね。今回は「恋々こい」のストーリーや登場人物の魅力について、詳しくお伝えしていきましょう。



「恋々こい」のストーリーについて

主人公・春咲桜(はるさきさくら)は、高校一年生の女の子。なぜこの高校に入学することを決めたかというと、好きな人がいるからなのです。

まだ片想いなのですが、目を輝かせてワクワクしている様子の桜。部活に必ず入らなければならない学校のため、好きな人が入っている部活に入ってアピールしようと考えているようです。

入学初日のクラスでの自己紹介にて、桜はこの内容を正々堂々と言いました。しかし隣の席に座っていた男の子・冬沢待雪(ふゆさわまつゆき)から呆れられてしまい、「恋愛脳が嫌い」とまで言われてしまうのです。

全否定されたことでとても傷ついてしまった桜。恋はとても素敵なものなのだと主張するのですが、待雪から告白していないことを指摘され、「口だけなら誰でも簡単」と言われてしまいます。

そしてハッとした桜は、好きな人に告白することを決意しました。待雪の腕を引き、好きな人に一緒に会いに行こうとする桜。彼女の好きな人で、バレーボール部に所属している桃里(とうり)は、とても端正な顔立ちをしている先輩です。

桜と桃里は小さい頃に出会い、緊張しながらの初対面だったのですが、桃里はとても優しく接してくれました。そして恋をするようになった桜。

憧れの桃里と同じ高校に入学し、同じ時間を共有したいと意気込みます。果たして告白の返事とは…。

 

「恋々こい」の登場人物について

主人公・春咲桜は、恋愛に対して好意的なイメージを持っている女の子です。恋が叶うことを夢見ていて、小さい頃からずっと一人の男の子を想い続けてきました。

高校に入学してすぐ、憧れの先輩・桃里に会いに行った桜。桃里は幼い頃と同じように、桜に対して爽やかな笑顔で接してくれます。とてもカッコいいルックスの桃里ですが、告白の結果は…。

また、桜と同じクラスで隣の席になった冬沢待雪は、とてもクールな男子です。桜が恋をしていると知った時にも、否定するような言葉を投げかけてきて、桜はとても傷ついてしまいました。

それと同時により熱くなり、待雪を告白の現場へ無理やり連れて行く事態に。待雪は、フレンドリーな桜とは違い恋愛に対して冷めていて、とても素っ気ないように見えますが、実際のところはどうなのでしょうか。

また、桜は幸せな恋ができるのかも大きな見どころとなっています。憧れの人を追いかけるために入学する高校を決めたほどなので、読者としては恋が叶ってほしいと願うばかり。

しかし、より桜と相性のよい相手がすぐそばに待っているかもしれません。

 

動と静な二人の掛け合いが楽しいラブコメディ

「恋々こい」の第1巻は、2022年8月25日(木)に発売される予定です。ハラハラするような展開がとても楽しく、どんどん引き込まれていってしまう作品。

ハイテンションで感情表現豊かなヒロイン・桜と、彼女に振り回されつつも心を開いていく待雪の姿がとてもお似合いなのです。

読み手としては、待雪のようなクールでカッコいい男子と仲良くなってみたいと感じることもあるでしょう。しかしそれと同時に、何ごとにも一生懸命でまっすぐな桜にキュンとして、自分もあのようになりたいと思うこともあるかもしれません。

「恋々こい」の第1巻のストーリーや、今後の展開はどうなっていくのか、とても楽しみですよね。

 

集英社 公式ページ:https://www.shueisha.co.jp/books/items/contents.html?jdcn=08X10000000023038100

 

☆こちらの記事もおすすめ!

>>>漫画版「5分後に意外な結末」が連載中!原作もご紹介



関連記事一覧