鈴木福の兄弟は何人?弟が連ドラで兄譲りの雰囲気と演技で注目

鈴木福の兄弟は何人?弟が連ドラで兄譲りの雰囲気と演技で注目

鈴木福の兄弟が何人なのか気になる人もいるでしょう。鈴木福の弟である鈴木楽が、連続ドラマ「持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜」で好演していて話題になっています。

今回は、鈴木福の兄弟にスポットライトを当ててみましょう。



鈴木福は芦田愛菜と大人気に

子役として活躍していた頃の福くんのイメージが、まだ強く残っている人も多いでしょう。鈴木福は2004年6月17日生まれで、2022年の6月で18歳、もう成人なのですね。

2006年にまだ1歳の時にテレビデビューし、「いないいないばあっ!」に出演。NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の出演などを経て、一躍お茶の間の人気者になったのは、2011年のドラマ「マルモのおきて」でした。

芦田愛菜と双子役でかわいさ満点、2人の演技力も話題になりました。芦田愛菜とは誕生日も同じ6月生まれの同じ歳、小学1年生でした。

歌唱した主題歌の「マル・マル・モリ・モリ!」も大ヒットして、マルモリダンスとともにブームに。なんと7歳でNHK紅白歌合戦に出場を果たしました。

 

鈴木福の兄弟全員が芸能活動

鈴木福は4人兄弟で、全員が芸能事務所に所属して子役から芸能活動をしています。長男の福(ふく)が高校3年生、長女の夢(ゆめ)は高校1年生、次男の楽(たの)は小学3年生、次女の誉(ほま)は小学1年生です。

名前が4人とも幸せを感じられる特徴があってとても素敵で、「たの」や「ほま」などという2文字の読みの共通点にもこだわりが感じられます。

父は和楽器の製作者で、母は和楽器奏者です。子供たちも箏(こと)など和楽器を習っています。

2021年11月にバラエティ番組「しゃべくり007」に兄弟4人そろって出演して、仲の良い雰囲気が印象的でした。

 

弟の鈴木楽が連続ドラマで好演

2022年春のドラマ「持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜」に弟の鈴木楽が出演していて話題です。上野樹里演じる主人公の杏花が惹かれる存在になる男性・晴太(田中圭)はシングルファーザーで、晴太の息子・虹朗を鈴木楽が演じています。

理解力のあるしっかり者の子供を演じていますが、まとっている柔らかい空気感は兄の鈴木福に似ている雰囲気があり、好演しています。

鈴木楽のデビューは兄と同じ1歳の時で、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、2017年にも大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演、菅田将暉演じる井伊直政の幼少期・虎松を演じていました。

YouTubeチャンネルで仲の良い兄弟

YouTubeの「鈴木福チャンネル」に妹や弟たちが登場することがありますが、3人の妹と弟がメインに登場する「すずき家の日常 〜ゆたほちゃんねる〜」も開設しています。

ゆめ・たの・ほまの3人の名前から、ゆたほちゃんねるです。仲の良い兄弟の日常を垣間見ることができるチャンネルです。

かわいい鈴木4兄弟の今後の活躍が楽しみですね。

鈴木楽の公式サイト:https://www.at-production.jp/talent/2185.html

 

☆こちらの記事もチェック!

>>>坂東龍汰は絵の才能あり!ドラマで共演の村上虹郎との関係性とは



関連記事一覧