天才ピアニストが優勝!「NHK上方漫才」で関西若手芸人の頂点に

天才ピアニストが優勝!「NHK上方漫才」で関西若手芸人の頂点に

天才ピアニストが優勝して悲願の初タイトルを獲得しました。2022年5月20日に開催された「第52回NHK上方漫才コンテスト」での見事な優勝です。

実力派の女性お笑いコンビ「天才ピアニスト」にスポットライトを当ててみましょう。



NHK上方漫才コンテストで圧巻の優勝

2021年12月開催の「女芸人No.1決定戦THE W」では惜しくも準優勝。あと一歩優勝に届かなかった天才ピアニストでしたが、お笑いのクオリティの高さを証明していました。それから約半年後に、リベンジ的な初タイトル獲得は圧巻でした。

「NHK上方漫才コンテスト」は1971年から数々の芸人が競い合った歴史があります。漫才コンテストのタイトルですが、お笑いのジャンルは自由で、コンビ結成10年未満の関西を拠点にするプロ芸人No.1を競う若手芸人の登竜門です。昨年はビスケットブラザーズがキャラクターを活かしたコントで優勝しています。

天才ピアニストはBブロックの予選では漫才を披露し、M-1グランプリでファイナリストになった「もも」と同票となり、決選投票の結果競り勝ちます。

Aブロックを勝ち上がった「滝音」との最終決戦では、コントを披露。ますみのキャラクターを活かしたボケと竹内のツッコミが爆笑を生みました。審査員7人全員の満票で天才ピアニストが圧巻の優勝を果たし、歓喜する2人の姿も素敵でした。

ブラックマヨネーズの漫才に衝撃を受けて芸人の道に進んだ竹内が、審査員のブラックマヨネーズ吉田の絶賛するコメントに感激していた表情がとても印象的でした。

天才ピアニストは元高校講師と元看護師

音楽やリズムネタが得意そうな「天才ピアニスト」というコンビ名ですが、ピアノは弾けないという落ちがあり、元高校講師(生物担当)の竹内と元看護師のますみのコンビです。分かりやすく、覚えてもらいやすいことを考えて名付けたコンビ名です。

竹内知咲は京都市出身で30歳、ますみ(本名:清水麻清)は奈良県大和高田市出身で35歳(年齢はともに2022年5月現在)です。2015年にNSC大阪校の38期生として出会い、2016年にコンビを結成しました。

ツッコミ担当の竹内はネタ作りもおこない、お笑いにストイックで知的な印象があります。ボケ担当のますみはキャラクター性があり、モノマネも得意としていて、上沼恵美子のモノマネでもお馴染みですね。2人の仲の良さも伝わり、とてもバランスの取れたコンビです。

 

2022年の賞レースが楽しみ

天才ピアニストは、漫才とコントの両方で実力を出せる才能が光ります。「キングオブコント」と「M-1グランプリ」、さらには「女芸人No.1決定戦THE W」と、2022年の全国区の賞レースでの活躍が本当に楽しみです。

公式サイト:https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=6698

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>アンタウォッチマンの出演者は?お笑い実力刃から進化した番組



関連記事一覧