高田夏帆は朝ドラや突破ファイルで注目の女優!新曲もリリース

高田夏帆は朝ドラや突破ファイルで注目の女優!新曲もリリース

高田夏帆は朝ドラ「ちむどんどん」の出演や「THE突破ファイル」などで、最近注目度がアップしている女優です。2022年5月には2枚目のシングルもリリースします。

今回は、高田夏帆にスポットライトを当ててみましょう。



ヒロインの親友役で注目

パッと弾ける明るい笑顔が魅力的な高田夏帆は、2022年のNHK朝ドラ「ちむどんどん」でも輝きを放っています。

沖縄の家族の絆や料理がテーマになっている「ちむどんどん」で、黒島結菜演じるヒロイン・比嘉暢子の同級生・前田早苗役として高田夏帆が出演しています。暢子を明るい笑顔でいつも支える親友です。

料理部部長として地元高校の料理対決で、料理上手の暢子を助っ人に誘い見事優勝。主人公・暢子がシェフの道を決意するターニングポイントになりました。

優等生の早苗は東京の大学に進学。暢子も後を追うように上京して、シェフを目指します。東京編でも暢子と早苗の絆は続いていくことでしょう。高田夏帆の晴れやかな気持ちになる明るい太陽のような演技に注目です。

 

芸能界入りのきっかけは?

高田夏帆は、1996年5月31日生まれ、2022年に26歳になります。東京都の出身で、高校2年生の時に友人と繁華街を歩いていて、テレビ番組の街頭インタビューを受けたことが芸能界入りのきっかけになりました。

インタビューは人気番組「さんまのスーパーからくりTV」でした。夏休みの高校生特集のスタジオ収録に参加することになり、テレビに映った姿を見た芸能事務所のマネージャーからスカウトされたのです。

2013年からNHK Eテレの「Rの法則」にレギュラー出演。「王様のブランチ」のレポーターとしてもお馴染みで、2015年から2022年3月まで務めていました。

音楽トークバラエティ「音ボケPOPS」(TOKYO MX)ではMCも務め、番組企画で2ndシングル「風の唄」が2022年5月25日にリリースされます。

女優としての経歴について

女優としては2014年にデビュー。2014年の「GTO」、2015年の「表参道高校合唱部!」、2016年の朝ドラ「とと姉ちゃん」などに出演。

2017年から「仮面ライダービルド」のヒロイン役に抜擢されて注目されます。2021年に「凛子さんはシてみたい」での主演も話題になりました。

「THE突破ファイル」のVTRドラマにも度々出演。空港税関の審査官役でもお馴染みになっています。

 

高い運動能力も魅力

2014年に「第31回全日本忍者選手権大会」に出場しました。手裏剣・堀飛び・城壁登り・水ぐもの術・水上走りなどを競う忍者の里・甲賀のイベントです。

幼稚園から走るのが得意で、小学時代に水泳(全種目マスター)、中学時代に陸上部(走り幅跳びが専門)、高校時代にダンス部と高い運動能力があり、なんと忍者の大会で優勝したのです。

高い運動能力や運動神経の良さも、アクションや身のこなしなどで演技に活かせることでしょう。

 

いろいろな分野で活躍が期待できるタレント性

トーク力があり、明るいキャラクターで華やかになるため、バラエティ番組にも適応できる能力とタレント性があります。女優としても朝ドラ「ちむどんどん」をきっかけに、大きく飛躍しそうな予感がします。

いろいろな分野で力を発揮して活躍が期待できます。きっと弾ける明るい笑顔をたくさん届けてくれることでしょう。

公式サイト:https://ogipro.com/talent/takadakah/

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>原田泰造はドラマでも活躍する芸人!刑事役の風格も漂う渋い俳優



関連記事一覧