木梨憲武がFNS歌謡祭で熱唱!異色のコラボ企画がすばらしいと話題

木梨憲武がFNS歌謡祭で熱唱!異色のコラボ企画がすばらしいと話題

木梨憲武のFNS歌謡祭でのコラボ企画の歌唱がすばらしいと話題になっています。フジテレビ系列で開催されている豪華な歌の祭典「FNS歌謡祭」は、アーティストだけでなく俳優やタレントなどのコラボ企画も毎回の見どころです。木梨憲武にスポットライトを当てて紹介しましょう。



これまでのコラボでは名俳優も登場

FNS歌謡祭では、コラボなど様々な企画が注目を集めますが、最近は木梨憲武のコラボ歌唱企画を楽しみにしている人も多いでしょう。

2021年7月には「ももクロちゃんと木梨とココリコ遠藤と結婚した狩野とホリケン」として出演。コラボ名のネーミングも楽しいですね。

2020年12月には「木梨憲武×宇崎竜童×佐藤浩市」で歌唱を披露していました。名俳優の佐藤浩市の歌唱披露もFNS歌謡祭ならではでしょう。

 

2021年のコラボは大迫力

2021年のFNS歌謡祭は、第1夜(12月1日)と第2夜(12月8日)の2週に渡って、合計3ステージで木梨憲武が登場して盛り上げました。

最初は「中井さんと木梨くん」で登場、なんと名俳優の中井貴一とのデュオで、「ジグソーパズル」を歌唱。中井さんも素敵な歌声でハーモニーを披露しました。

2度目に登場したパフォーマンスは見た目も歌唱も圧巻の迫力でした。「ピンドン・ノリコ×マツコ・デラックス×ミッツ・マングローブ」の異色トリオとしての登場です。

女性に扮したピンドン・ノリコ(木梨)が中央で、両サイドにマツコ・デラックスとミッツ・マングローブという取り合わせは大迫力。木梨憲武の歌唱力の高さは広く知られていますが、マツコもミッツも重厚な歌声が心に響く圧巻の歌声でした。

歌った曲は阿木燿子と宇崎竜童が手掛けた「命綱」で、歌詞も曲も歌唱も最高の出来栄えで絶賛されています。

3度目に登場は「木梨憲武×所ジョージ」。所ジョージ作の「私は神様を知っている」を歌唱後メドレーのように、宇崎竜童をメインに加えて「沖縄ベイ・ブルース」で渋くかっこよくきめました。

木梨ミュージックコネクション3を配信リリース

「木梨ミュージック コネクション3」が、2021年10月3日に配信が開始されています。

収録されている曲は、以下の5曲です。

1.「答え探しの毎日を! 」feat. ももいろクローバーZ &のりクロ

2.「命綱」feat. マツコ・デラックス、ミッツ・マングローブ&ピンドン・ノリ子

3.「サクセス」

4.「ジグソーパズル」feat. 中井さんと木梨くん。

5.「しかけ早めに動いていこう! 」feat. 遠藤章造、狩野英孝、堀内健&60才なのに40ぐらいの気持ちNORIー!!

2020年に配信の「木梨ミュージック コネクション2」も好評で、「私は神様を知っている」 feat. 所ジョージや、「生きてるうちが花なんだぜ」feat. 宇崎竜童&佐藤浩市などが収録されています。

 

人生を楽しむスタイルが素敵

木梨憲武の人生や趣味を楽しむスタイルが素敵で、共感を呼んで仲間もたくさん集まるのでしょう。木梨憲武と所ジョージ、およびヒロミには、共通した雰囲気があり、自由に楽しむための器用さを感じます。

根底には自分だけでなく、たくさんの人を楽しませる精神があるのでしょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>アンジャッシュ児嶋のYouTubeがおすすめ!児嶋一哉の魅力とは



関連記事一覧