稲垣来泉は子役で超売れっ子!吉田拓郎も涙した清らかな歌声

稲垣来泉は子役で超売れっ子!吉田拓郎も涙した清らかな歌声

稲垣来泉ちゃんという子役をご存じでしょうか。可愛くて、演技力もある超売れっ子の子役です。

明石家さんまの企画・プロデュースで話題のアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で、主題歌の歌唱に抜擢され、一躍脚光を浴びています。今回は人気子役の稲垣来泉ちゃんについて紹介いたしましょう。



吉田拓郎の名曲をカバー

アニメ映画「漁港の肉子ちゃん」が、2021年6月11日に全国で劇場公開がスタートしました。明石家さんまの企画・プロデュースや豪華なキャストなどで、とても注目を集めています。

注目の一つが主題歌「イメージの詩」です。吉田拓郎のデビュー曲として、1970年にリリースされた50年ほど前の曲ですが、明石家さんまの人生の教科書やバイブル的な曲で、新たな世代にも伝えたい名曲として選ばれました。

「イメージの詩」を歌唱しているのが、10歳の稲垣来泉ちゃんです。さんまから歌ってほしいとオファーされ、ボブ・デュランのようにとか、語るように歌ってほしいとリクエストがありました。

サウンドプロデュースを担当したGReeeeNのHIDEから直接歌唱のアドバイスをもらい、初めてのレコーディングにチャレンジ。

吉田拓郎も素晴らしいと絶賛して涙したという歌声は、純粋な清らかさの中に真っすぐな強さも感じられ、心にしみわたるようです。

新しい世代へのメッセージとして、さんまのプロデュースが見事にマッチした感じがします。よしもとミュージックから5月26日に配信リリースされています。

アニメの作品では、ペンギンのカンコちゃん役や小さい女の子の役として、声優にも挑戦しました。

稲垣来泉の経歴について

稲垣来泉(くるみ)ちゃんは、2011年1月5日生まれ、10歳(2021年現在)、千葉県出身です。2015年の4歳頃に子役としてデビューしました。ドラマや映画・CMなどに引っ張りだこの人気子役です。

8歳の時に2019年のドラマ「TWO WEEKS」の演技で注目を集めました。NHK連続テレビ小説では、「とと姉ちゃん」や「スカーレット」に出演しています。

最近では、「リコカツ」で北川景子の幼少期役、「桜の塔」で広末涼子の幼少期役、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で菅野美穂の幼少期役を演じました。2020年に公開の映画「糸」や、「記憶屋 あなたを忘れない」にも出演しました。

CMでも人気で、TOYOTAや進研ゼミ・カルピス・花王・ヤマサ・パナソニックなど、大手企業からたくさんオファーされています。

 

今後の出演予定は

2021年秋に公開予定の映画「そして、バトンは渡された」に出演し、「劇場版オトッペ パパ ・ドント・クライ」では声優として出演しています。

憧れの女優は浜辺美波で、憧れの声優は花澤香菜です。子役からの今後の成長を、出演作品とともに見守っていきたいですね。

 

公式サイト:https://www.courage-agency.com/kids/members/single.php?bg=girls&id=16



関連記事一覧