吉高由里子の年齢は?ドラマ「最愛」の主演で高校生姿も披露

吉高由里子の年齢は?ドラマ「最愛」の主演で高校生姿も披露

吉高由里子の年齢や経歴など気になるという人もいるでしょう。主役やヒロイン役を数多く務め、CMでも存在感があるキュートな女性です。

今回はモノマネタレントにも愛されるキャラクター性もあって親しまれる人気女優、吉高由里子の魅力に迫ってみましょう。



主演ドラマ「最愛」がスタート

吉高由里子主演のドラマ「最愛」が、2021年10月15日からスタート。主人公の実業家を演じている吉高由里子ですが、第1話では15年前のシーンから始まりました。

高校生当時の姿で演じる吉高由里子に大きな反響も寄せられ、爽やかな可愛らしさ全開でした。

過去から現在の事件の重要参考人となる急展開で、15年前の恋人(松下洸平)が真相を追求する刑事となって再会。

会社の弁護士役の井浦新を交えた3人がメインとなって、ストーリーが展開していきます。

ハラハラドキドキのサスペンスと、ラブストーリーが楽しめて、予想できないような展開が次々と巻き起こるので見ごたえがあるドラマです。

吉高由里子のキュンとさせる演技や、しっとりと落ち着いた演技、したたかさも見せる演技など、たくさんの引き出しを自在に操り、魅力が存分に感じられるでしょう。

Paraviで過去話の全てが視聴でき、最新話のみTVerで無料配信も楽しめます。

吉高由里子の経歴について

吉高由里子は、1988年7月22日生まれの33歳(2021年現在)です。東京都の出身で実家はコンビニエンスストアを経営していて、学生時代に手伝うことが時々あり可愛いアルバイトがいると付近で噂になるほどでした。

2004年の16歳の時に原宿で、女性のスカウトに声を掛けられたのが芸能界入りのきっかけとなりました。

2004年のデビュー当初からCMに出演をしています。2005年に公開のオムニバス映画「ZOO」で女優デビューしました。

2006年に出演した映画「紀子の食卓」では、主演の吹石一恵の妹役で、父役は光石研でした。光石研は2021年10月のドラマ「最愛」でも父役で、15年越しの再共演をしています。第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞して、注目される存在になります。

2008年公開の蜷川幸雄監督映画「蛇とピアス」で主演の座を勝ち取り、熱演をして高い評価を得ます。第51回ブルーリボン賞新人賞や第32回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞し、実力派の若手として認められ、人気女優に駆け上がりました。

 

華のある存在感

吉高由里子はCMでも人気で、華がある存在感が際立ちます。よく誇張したモノマネをされたりしますが、個性のある可愛らしいキャラクター性も人気の理由になっています。

女性らしさと深みのある演技で、これからも視聴者やファンを魅了し続けてくれることでしょう。

 

公式サイト:https://www.amuse.co.jp/artist/A0129/



関連記事一覧