野田ちゃんがおもしろ荘でプチブレイク!Be-1グランプリで優勝

野田ちゃんがおもしろ荘でプチブレイク!Be-1グランプリで優勝

野田ちゃんが「おもしろ荘」で初めて全国放送でネタを披露し、2021年プチブレイクの兆しを見せています。芸歴22年目の45歳、長い間苦労してきたベテランのピン芸人「野田ちゃん」にスポットを当ててみましょう。



野田ちゃん売れましたわ

若手芸人の登竜門的なネタ番組、元日恒例の「ぐるナイ おもしろ荘」で、異例の登場となった野田ちゃんは、過去最年長の45歳で出場を果たしました。

売れない芸人の苦労ネタや自虐ネタをメインにするピン芸人で、10年以上前に一世風靡したヒロシにも通じる部分がありますが、対照的な面もあります。

ヒロシの黒いスーツ姿に対して、野田ちゃんは真っ白のスーツ姿。たたずんでしんみりとネタをする「静」のヒロシに対して、表情豊かに動きも入れる「動」の野田ちゃん。

哀愁感が魅力のヒロシと、吹っ切れたポジティブさが魅力の野田ちゃん。「野田ちゃんっすわ!」「余裕っすわ!」など、「○○すわ!」というフレーズがとても特徴的です。

ナインティナイン岡村も「帰るっすわ!」などと使いたくなるとお気に入りでした。退場の扉が閉まる瞬間に「野田ちゃん売れましたわ」の一言に、心を掴まれた人も多いでしょう。

ゲストの志尊淳も、心を持っていかれたとコメントしていました。22年苦労してやっと大舞台に立った思いと、必ず売れるというポジティブな考えが凝縮された一言だったように感じます。今後注目して応援したいですね。

 

Be-1グランプリで優勝

R-1グランプリの出場資格が、2021年から芸歴10年までに制約され、11年以上のベテランピン芸人のチャンスの大舞台が失われました。

R-1出場資格を失った芸人を救済する大会「Be-1グランプリ」と「R-1ぐらんぷりクラシック」。その「Be-1グランプリ」決勝が、2021年2月21日に開催され、野田ちゃんが見事優勝しました。

「ぐるナイ ゴチSP」や「踊る!さんま御殿!!」出演も果たし、徐々に知名度も上がってきています。「野田ちゃん売れましたわ」を思いっきり聞きたいですね。

野田ちゃんのプロフィール

野田ちゃん(本名:野田航裕)は、1975年8月31日生まれ、大分大学工学部出身(サンシャイン池崎の先輩)。2018年までコンビ「チャーミング」として活動していました。

20代で組んだコンビ「トンコツ荘」の相方は、人気ラーメンチェーン「ラーメン荘 夢を語れ」を創業した会長として成功しています。

水道検診のアルバイトは芸歴22年よりも長く、これまで100人ほどの芸人にアルバイトを紹介してきた人脈があります。その一人に同事務所のハリウッドザコシショウもいます。



関連記事一覧