フワちゃんがプロレスデビュー!番組の企画を越えた頑張りと感動

フワちゃんがプロレスデビュー!番組の企画を越えた頑張りと感動

フワちゃんのプロレスデビュー戦が大きな話題になっています。フワちゃんがプロレスデビューと聞くと、バラエティ番組の企画で試合内容まではあまり期待していなかった人も多いのでは。プロレスファンも納得の素晴らしい試合で、予想をはるかに上回る衝撃的なパフォーマンスを披露しました。

今回は、フワちゃんのプロレスデビューについて紹介いたしましょう。



プロレスに挑戦したきっかけは?

バラエティ番組「行列のできる相談所」(日本テレビ系)のレギュラーメンバーが、ダンスや三味線などのチャレンジ企画に次々挑戦している中で、フワちゃん自身も何かに挑戦したいという思いがきっかけでした。

5月に自らやりたい企画として、プロレス挑戦を番組スタッフに提案したことからスタート。約4か月間密かに企画が進行していて、9月にデビュー戦の日程(10月23日)が、突然発表されて企画が明らかにされました。

これまでオードリー春日俊彰とのエアロビ挑戦をTBSの「炎の体育会TV」で経験していますが、プロレス挑戦の発表にはビックリした人が多いでしょう。

 

ハードな練習に取り組む姿にも感動

2022年10月30日放送の「行列のできる相談所」(日本テレビ系)は、「フワちゃんがプロレスに挑戦!デビュー戦を放送SP」で、スタジオと試合会場を中継しての放送でした。

試合開始前には、5月から約5か月間一生懸命に練習に打ち込む姿が紹介されました。超人気女子プロレス団体「STARDOM」の全面協力で1から指導。

基礎トレーニングから開始して、1か月後には一緒にこなせるまでになります。次に習った受け身や、初めてのドロップキックの練習で、見事な身のこなしを見せてセンスの良さを見せました。

人気タレントとして引っ張りだこで多忙なフワちゃんが、仕事と並行して毎日立ち上がれなくなるほどハードな練習を真剣に取り組む姿にも感動した人が多いでしょう。

 

デビュー戦でも絶賛のパフォーマンス

デビュー戦はタッグマッチでした。指導してくれた葉月選手とタッグを組み、対するは上谷沙弥選手(現役チャンピオン)と妃南選手(女子高生の双子レスラー)のタッグです。

序盤はチャンピオンから洗礼を受けるような一方的な場面もありましたが、徐々に試合に馴染んでくると秘めたポテンシャルを発揮し始めます。

エルボーとドロップキックなどの基本技に加えて、ブレーンバスターや卍固め・スモールパッケージホールドなどで応戦します。葉月選手とのコンビネーション技もデビュー戦で披露。チャンピオン上谷選手をもう少しまで押し込む見せ場も作りました。

最後にはフワちゃんの実力を認めた上谷選手が、デビュー初戦の新人には使わないような大技のファイヤーバード・スプラッシュを繰り出し、スリーカウント。

強敵と一進一退の攻防を繰り広げ、会場も大いに盛り上がりました。会場も味方に付けるようなフワちゃんの新人離れしたパフォーマンスでした。

試合を解説席で見届けたプロレス好き芸人の有田哲平や、スタジオメンバーも目頭を熱くするなど感動を与えて、みんなが大絶賛。

5か月間指導してタッグを組んだ葉月選手は「100点満点」、対戦相手のチャンピオン上谷選手も「立派なプロレスラーだよ」、妃南選手は「明日学校でフワちゃんは強かったと伝える」と認めていました。

スタジオゲストのレジェンドレスラー武藤敬司選手も「デビュー戦とは思えないパフォーマンス」、「才能がすばらしい」、「2月で自分は引退するのでマネージャーになろうか」などと、最大の評価をしていたことが印象的です。

再度リングに立つ日を期待したい

フワちゃんのプロレスに真剣に取り組む姿勢、諦めない意志の強さ、立ち向かう勇気や度胸など、すべてが魅力となって輝いていました。

何よりも試合後のフワちゃんの「楽しかった。プロレス大好き」というコメントと笑顔。爽やかで晴れ晴れした表情がとても素敵でした。

「負けて悔しかった」や「必殺技がほしい」という言葉に、再度リングに立ち勝利をつかむ日を期待するファンも多いでしょう。

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>永作博美の年齢は?かわいい母役は必見!朝ドラ「舞いあがれ!」



関連記事一覧