NFTとはいったい何?あちこちで話題になっている理由が知りたい!

NFTとはいったい何?あちこちで話題になっている理由が知りたい!

NFTとは何か、SNSやメディアでもかなりトレンドになっていますが、興味はあるけれど少し複雑そうな印象を受ける人が多いですよね。ニュースでも数十億円のNFTアートが売れる話などが聞かれますが、他の人に乗り遅れないよう、NFTとは何なのか世界で話題になっている理由についてご紹介していきましょう。

 

NFTとは?

国内外でも話題が止まらない「NFT」。仕組みや意味についてもっと知りたい人は多いでしょう。まずはNFTとは何か、わかりやすくご説明していきますね。

NFTは「Non Fungible Token(非代替性トークン)」という言葉の頭文字をとったもので、トークンとは記号や印、象徴といった意味があります。NFTのトークンとは、証明書に近い意味があると考えてよいでしょう。

NFTの特徴は「分散型台帳技術」でコンピュータネットワークの一か所ではなく分散して、最初から最後まで取引の順序を記録する「ブロックチェーン」から発行されるトークンであること。

そのためNFTは改ざんやコピーがほぼ不可能になるため、唯一無二のものになります。気になるのは近年注目されている「仮想通貨」との違いについて。

ビットコインなどの暗号資産と呼ばれるものもブロックチェーンから発行されるものですが、違いはビットコインならたくさんあるけれど、NFT は世界にひとつしかないことです。

たとえばビットコインを分けることは可能でも、NFT は分けることはできません。NFTはとても希少性のあるデジタルデータということになります。

 

NFTは何をするものか?

過去に売り上げたものの中には、「Bored Ape Yacht Club」というサルのイラストがとても有名。日本円にすると600億円以上もの売り上げを出しているという人気デジタルアートなどがあります。

そもそもNFTで何ができるかというと、デジタル資産の所有者を明確にして希少性を証明できること。たとえば「マンガ」なら、同じマンガを買って読むことは限りなく大勢の人ができます。

しかしそのマンガをNFTと紐づけさせると所有者が明確になり、世界にひとつだけの希少性のあるものに変わり、同じマンガを持っている人はいないことに。

市場ではレアなものはいつも高値で取引され、希少性のあるものは価値につながる可能性を秘めています。NFTはアート、音楽、イラスト、ゲームなど、あらゆるジャンルで注目されていますが、NFTとは世界にひとつだけのものを所有できることになるのです。

 

結局NFTは投資なの?

NFTとは唯一無二の作品を所有できることが市場を盛り上げる理由ですが、それだけなら一般的なアートコレクターと違いはないように見えますよね。

NFTがあちこちで話題になっているのは、「投資商品」としても話題性が高く注目されているからなのです。高額販売された作品の中には、約18億円のデジタルアートやTwitter創設者のジャック・ドーシーの初ツイート約3億円などがあります。

NFTコンテンツはマーケットプレイスで誰でも購入ができ、高値になったら転売して利益を出すことも可能です。世界中が注目しているため、今後もNFT市場はどんどん拡大すると期待されていますので、投資やビジネス要素もあり将来性に価値を感じている人が多いのでしょう。

またクリエイターにとっても、NFTなら著作権は制作側に残り、所有権がNFT保有者になるため、作品を作るモチベーションにもつながるはずです。

転売されるたびにロイヤリティがクリエイターに入ることも、NFT売買が魅力的に感じる理由かもしれません。

 

用途がどんどん広がるNFT

NFTは、最初はゲームやアートから火がついていきましたが、現在は不動産やコレクティブなもの、さらに証明書として物理的なものに結びつけることもあります。

話題になるたびNFT市場は活気づき、今後もあらゆる用途で活用されていくと期待されていますので、意外な生活場面でもNFT市場が関係し目が離せないですね。

 

☆こちらのメディアも運営しています!

>>>https://nft-money.jp/

関連記事一覧