「やんごとなき一族」の土屋太鳳の主演としての魅力とドラマのあらすじについて

「やんごとなき一族」の土屋太鳳の主演としての魅力とドラマのあらすじについて

「やんごとなき一族」は、土屋太鳳が主演を務める春の新ドラマとして注目されています。久しぶりのドラマ出演ということもあり、期待している人も多いですよね。

今回は「やんごとなき一族」の土屋太鳳の主演としての魅力、そしてドラマのあらすじや見どころについても紐解いていきましょう。



あらすじについて

篠原佐都は、母親と2人で下町の大衆食堂にて働いています。そんな佐都は、以前から交際していた深山健太という男性についにプロポーズをされることに。そしてそれをOKして、新たに幸せが訪れるという期待感を持っていました。

佐都が健太の実家に挨拶に行く日、2人を迎えにきたのは高級リムジンだったのです。実は健太の家柄は佐都の想像とは全く違うもの。莫大な資産を有する一族の御曹司なのです。

そのことに驚き、不安を感じる佐都。健太はこれまでに実家とは距離を取ってきたのですが、その理由について打ち明けてくれました。

健太の実家に着いた二人は、健太の母親から門前払いをされることに。これは健太の父親の圭一が命令をしていたことだったのです。

あまりにも家柄に違いがあるということから、2人の結婚は受け入れてもらっていない状態に。佐都は今まで知らなかったような社会のしきたりや、難しいと感じる人間関係の中、どのようにして努力をしていくのでしょうか。

登場人物やキャストについて

主人公・篠原佐都(しのはらさと)は、明るく芯の強い下町育ちの女性です。母と共に大衆食堂「まんぷく屋」を営んでいて、食堂の看板娘として常連客からも親しまれています。

そんな佐都は、ある日恋人の深山健太(みやまけんた)からプロポーズを受けるのです。とても嬉しく思い、OKの返事をするのですが、実は篠原家と深山家には身分に大きな格差がありました。

深山家の親族からは結婚について猛反対されてしまうのですが、どうにか上流社会ならではのしきたりを覚え、深山家の妻としてなじんでいけるよう努力し…。

この篠原佐都役を演じるのが土屋太鳳です。努力家であり聡明な女性のイメージがとてもぴったり合っていますね。また、佐都の夫となる男性・深山健太役を演じるのは松下洸平。

様々な分野にて活躍している人気俳優なので、今回もとても楽しみです。

さらに深山家の長男・明人(あきと)役を尾上松也が、その妻・美保子(みほこ)役を松本若菜が演じています。深山家の当主である圭一(けいいち)役の石橋凌、その妻・久美(くみ)役を木村多江が演じているようです。

それぞれのキャラクターが深山家に対して異なる思いを抱えていて、作中でも細かく描かれていくことが期待できるでしょう。他にも佐都の母を石野真子が、健太の学生時代からの友人を佐々木希が演じているなど、とても豪華な俳優陣が「やんごとなき一族」の大木な魅力となっています。

それぞれの立ち位置がどのようなものなのか、普段の生活では知ることのない上流社会について情報を得ながら、細かいところまで興味を持ってしまうドラマと言えるでしょう。

 

ドラマの見どころについて

自分で望んだわけではなくても、愛する男性が上流社会の人間であるのなら、それに対して従わなければならないことも。

このような中で主人公の女性は、それまでの日常を捨てなければならないのでしょうか。それとも大切にしながら、日々を歩んでいくことができるのかもドラマの見どころになっているのです。

駆け落ち同然の入籍の中でも、信じられる相手のために奮闘する姿はドラマを観ている人の心を打つでしょう。

夫となる相手は現在の実家の状態を「普通の家庭にしたい」という思いがあるのです。だからこそ主人公の佐都は、一緒に努力をしていくことに。

信念と愛を持ち続けることの大切さを教えてくれるドラマ内容になっているのです。

 

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/yangoto/index.html

 

☆こちらの記事もお勧めです!

>>>「恋なんて、本気でやってどうするの?」のあらすじが気になる!魅力を分析!



関連記事一覧