徳永ゆうきの年齢は?朝ドラにも出演!演歌界の癒し系キャラ

徳永ゆうきの年齢は?朝ドラにも出演!演歌界の癒し系キャラ

徳永ゆうきの年齢や経歴などが気になるという人もいるでしょう。演歌歌手として活躍していますが、俳優としても活動しています。NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場して、びっくりした人もいるのでは。今回は徳永ゆうきにスポットライトを当ててみましょう。



朝ドラ出演は2作目

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」に、徳永ゆうきは2022年の2月から登場しています。回転焼き屋の大月家と同じ商店街で荒物屋を営む赤螺家の長男・吉之丞役で出演。

川栄李奈演じる3代目ヒロイン・大月ひなたの幼馴染みで同級生、意地悪をするガキ大将キャラですが、可愛げも感じられる憎めない存在です。

高校生役から登場した徳永ゆうきの吉之丞。ユーモラスで独特なインパクトを放っていて、ドラマのスパイスのようになっています。

安達祐実演じる女優・美咲すみれにサインを箸袋にねだるシーンでは、コントのような演技でいい味を出していました。今後の出演シーンも楽しみです。

朝ドラでは2020年の「エール」にも出演していて、最終オーディションまで進出した駅員役を演じていました。

 

「日本の孫」としてデビュー

徳永ゆうき(本名:徳永優樹)は、1995年2月20日生まれの27歳(2022年3月現在)、大阪市の出身です。両親や祖先のルーツは鹿児島県の奄美地方で、幼少期から演歌にふれて育ちました。

「NHKのど自慢チャンピオン大会2012」でグランドチャンピオンに輝き、2013年に18歳でプロ歌手としてデビューを果たします。「日本の孫」というキャッチコピーでのデビューでした。

デビュー当初から親しみ感のある癒し系であり、カピバラをモチーフにした「カピやん」がオリジナルキャラクターとなっていて、ゆるキャラも製作されました。

「THEカラオケバトル」やサビだけカラオケの「千鳥の鬼レンチャン」などにも度々出演して、流石の歌唱力を披露するものの、ご愛敬で場を和ませるバラエティの才能も発揮しています。

鉄道好きでも有名

鉄道特集の番組などにもよく出演していて、鉄道好き(特に撮り鉄)でも有名です。車掌のアナウンスのものまねも得意としています。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」でヒロインのひなたが、路面電車に乗って映画村に向かうシーンで、徳永ゆうきが車内アナウンスのアフレコも任されたそうです。

朝ドラ「エール」では、スター発掘オーディションに出演した駅員として、「鉄道唱歌」を歌うなど、徳永ゆうきと言えば鉄道が代名詞的にもなっています。

2022年4月に予定のミュージカル「銀河鉄道999」では、車掌役を演じます。

 

温かみのある魅力

ほんわかした雰囲気の温かみのある癒し系のキャラクターと素敵な歌声は、歳を重ね経験を積むにつれてさらに魅力が増すことでしょう。

まだ27歳になったばかりです。演歌歌手としてもこれから大きな花をきっと咲かせることでしょう。NHK紅白歌合戦の出場も期待したいですね。

公式サイト:https://www.itoh-c.com/artist/tokunaga/

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね!

>>>毎田暖乃の年齢や読み方は?妻役の演技で一躍注目の天才子役



関連記事一覧