お醤油のお取り寄せ厳選アイテム!料理が絶品になる究極のお醤油はどれ?

お醤油のお取り寄せ厳選アイテム!料理が絶品になる究極のお醤油はどれ?

お醤油のお取り寄せは、普段あまり意識しない調味料の見方が変わるよいチャンスです。お醤油はどれも同じだと思っている人は、こだわりのある商品をぜひ一度試してみてください。醤油が変わるだけで、料理のレパートリーもぐんと増えるかもしれません。



森田醤油

奥出雲の老舗「森田醤油」は、原材料の大豆を蒸し小麦を炒って独自の麹を作ることからこだわりのある醤油メーカー。自信を持ってお届けするためにも、わざと手間のかかる方法を続けることで、誰もが安心して口にできる絶品醤油が完成するのです。

お醤油のお取り寄せができるものは、国産丸大豆を使った大豆醤油のこいくちやうすくち、森田の木桶仕込みのこいくち純正など、お醤油にもさまざまなバリエーションがあり驚きますね。

材料は島根、山口、広島の大豆と山口と島根の小麦を使用。天日塩での程よい味と大豆の風味がふんわりと漂い、料理にも活かせるでしょう。

 

磯吟醸

礼文と利尻島産の利尻昆布を使用したお醤油のお取り寄せ。昆布を使っていますが、強すぎない磯の香りが特徴で、海鮮のうまみと風味があります。

冷奴にもぴったりの磯吟醸、すき焼き、うどんつゆ、刺身などにも昆布出汁が深みをプラスしてくれます。磯吟醸は利尻昆布の中でも最高級のグレードを使い、二年間熟成しうまみを引き出していることが特徴。納豆やたまごかけご飯など、シンプルに醤油が引き立て役になってくれます。

 

コトヨ醤油

新潟県の老舗お醤油メーカーの「コトヨ」は、受け継いだ歴史を守りフルーティな香りと深みのあるコクが自慢のお醤油お取り寄せです。

先代が守ってきた製法を今も続け、木桶などの道具も昔のまま。手間暇かけて作る醤油は、全国的に愛されている逸品です。コトヨの人気商品「笹神延喜」は、濃口醤油で少量のコメの甘味だけを甘味料として使用。料理にも活かしやすく、お寿司屋さんや料亭でも選ばれています。

いつもの味噌汁やカレー、ラーメンにこの醤油を数滴入れるだけで料理が別物に。160年以上の歴史がある老舗が作り出すお醤油の深みを、ぜひご自宅でも堪能してください。

 

正田醤油

上皇后の美智子様のご実家が創業家の正田醤油。伝統と時流の調和をつなぐメーカーとして145年あまり、日本の食文化を支えています。

美智子様のご実家ということで有名になっているのですが、大豆の美味しさをそのまま詰め込んだ生しょうゆは、素朴ながらも醤油の大切さを感じさせてくれるでしょう。新鮮密封ボトルを採用し、風味の劣化を防ぎます。

 

まとめ

日本の食生活に欠かせないお醤油。お取り寄せは全国の特徴のあるお醤油が手軽に購入できますので、この機会に色々と味比べしてみませんか。



関連記事一覧