増田貴久がドラマ「ボイスⅡ」でも魅力を発揮!まっすーの魅力とは

増田貴久がドラマ「ボイスⅡ」でも魅力を発揮!まっすーの魅力とは

増田貴久がドラマでも魅力を発揮しています。出演しているドラマ「ボイスⅡ 110緊急指令室」が話題となっています。ジャニーズのNEWSメンバーとして活動する人気アイドルですが、最近ではバラエティ番組やドラマなどでの活躍も増えています。

今回は、増田貴久の魅力に迫ってみましょう。



まっすーの魅力とは

増田貴久は、1986年7月4日生まれ、35歳(2021年8月現在)、東京都練馬区の出身です。「まっすー」の愛称で広く親しまれています。

35歳になったとは思えないという人は多いでしょう。童顔でキュートな笑顔はまだまだ健在です。癒しのオーラや和みの雰囲気を醸し出すなど、愛されキャラといえるでしょう。

華があるのに少し身近な存在にさえ感じられます。親しみ感のある人気アイドルですね。「ネタパレ」、「ぐるぐるナインティナイン・ゴチになります!」、「ソレダメ!〜あなたの常識は非常識!?〜」など、バラエティ番組でも活躍中で、出演シーンを見ても、ほっとするような安心感や誠実な人柄がにじみ出ているようです。

とても真面目な性格であり、好感度がとても高い魅力あふれる好青年といった印象もあるでしょう。ジャニーズのNEWSは、2020年6月から3人体制になりましたが、増田貴久が支えている部分はとても大きいように感じます。

 

ジャニーズ入りのきっかけは?

姉が本人に内緒で履歴書を送り、1998年にオーディションを経て、12歳(小学6年生)でジャニーズ事務所に入りました。姉の友人からジャニーズ入りを勧められたことがきっかけでした。子供の頃から評判の可愛い少年だったのでしょう。

同期入所には、KAT-TUNの亀梨和也や中丸雄一、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔、A.B.C-Zの塚田僚一などがいます。

KinKi Kidsのバックダンサーなど、ジャニーズJr.として活動を始めました。14歳の時に2000年にドラマで俳優デビューをしています。

2001年には「3年B組金八先生」にも出演。2003年のNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」では、主役・武蔵の少年期を演じました。2003年9月には、アイドルグループNEWSの結成メンバーに選ばれます。

最近の出演ドラマは?

2020年に「レンタルなんもしない人」で連続ドラマ初主演を務めました。2021年7月からは「ボイスⅡ 110緊急指令室」に出演しています。

2019年のボイス1作目から、主演の唐沢寿明との名コンビ捜査員役が人気です。スリリングなストーリーで増田貴久演じる石川透が、今後の展開の大きなカギを担っているような感じもします。最新話はTVerで、過去放送話はHuluで視聴可能です。



関連記事一覧