桜井日奈子の本名や年齢は?バスケ女優で有名!主演の新ドラマも

桜井日奈子の本名や年齢は?バスケ女優で有名!主演の新ドラマも

桜井日奈子の本名や年齢などが気になる人もいるでしょう。東京オリンピックでバスケットボール日本代表の活躍もあり、バスケット大好き女優として応援する姿も注目を集めました。2021年10月には主演の新ドラマもスタートします。

桜井日奈子にスポットライトを当ててみましょう。



主演の新ドラマがスタート

桜井日奈子主演の新ドラマ「ごほうびごはん」が、2021年10月2日の深夜からスタート。BSテレ東やテレビ大阪での放送で、ひかりTVでは先行配信されます。

原作は人気の連載漫画でドラマ化されました。桜井日奈子が演じるのは長野出身の新人OL咲子です。不慣れな仕事に四苦八苦するも、1週間頑張った自分へのごほうびとして美味しい食事を、週に1回楽しむグルメドラマです。

幸せな笑顔が咲くような明るさあり、ほんわかした雰囲気の癒し感を与えてくれる魅力的な女優で、ドラマの主人公にピッタリマッチしています。

バスケ大好き女優

広瀬アリス・すず姉妹とともに、バスケットボール大好きでも知られています。桜井日奈子は父がミニバスケを指導していたこともあり、幼稚園の時からバスケットを始めました。

兄と弟と一緒にトレーニングが日課のような子供時代を過ごします。高校生まで13年間バスケットが中心でしたが、進学校に進み勉強も頑張っています。

人気のYouTubeチャンネル「どこでもひなこ。」でも、元プロ選手とバスケットで対決するなど、スポーツ女子ぶりを発揮。セガサミーのスポーツ応援企画の応援キャプテンも務めています。

 

桜井日奈子の本名は?

桜井日奈子は、1997年4月2日生まれの24歳(2021年現在)、岡山県岡山市の出身です。2014年にデビューした「岡山美少女図鑑」の掲載は本名の二宮佳奈子でした。

高校2年生の17歳の時に応募した「岡山美少女・美人コンテスト」がデビューのきっかけです。コンテストでは得意のバスケットのドリブルも披露し、見事グランプリに輝いています。「岡山の奇跡」と呼ばれるなど注目を集めました。

 

女優としての経歴について

2016年に大学入学時に上京し、芸能活動も両立して本格化。2016年に舞台で女優デビューし、「そして、誰もいなくなった」でテレビドラマにも初出演しました。

2018年には吉沢亮とダブル主演を務めた映画「マーマレード・ボーイ」や、平野紫耀主演映画「ういらぶ。」のヒロイン役で人気を得ます。2019年のネットドラマ「ヤヌスの鏡」や2020年のドラマ「ふろがーる!」などでの主演も話題になりました。

 

バラエティでの活躍も期待

女優としてもヒロインや主役がとても似合います。女優の仕事以外にもNHK Eテレの「沼にハマってきいてみた」では月曜MCを担当。明るい癒し系の笑顔とトークも上手なので、バラエティでの活躍も期待できるでしょう。これからの活躍が楽しみです。

 

公式サイト:https://incent.jp/incent/talent/sakurai/



関連記事一覧