仲村トオルの身長や出身は?長く第一線で活躍する魅力について

仲村トオルの身長や出身は?長く第一線で活躍する魅力について

仲村トオルの身長や出身、経歴などを知りたい人もいるでしょう。7月にスタートしたドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」で、関水渚とともに主演を務めています。

ドラマや映画・舞台・CMなどに出演していて、長い間第一線で活躍を続けている人気俳優です。今回は、仲村トオルにスポットライトを当ててみましょう。



仲村トオルの魅力について

仲村トオル(本名:中村亨)は、1965年9月5日生まれ、55歳(2021年7月現在)です。

スリムな185cmの高身長でかっこよく、50歳代半ばとは思えない若々しさで、とても魅力的ですね。多くの男性が憧れるような年の重ね方をされています。

俳優としても演技に円熟味が増してきて、哀愁を感じる渋さもあり魅力にあふれています。二枚目でかっこいいのにコミカルに砕けた演技もできるというところが、魅力的と感じる人もたくさんいる理由でもあるでしょう。

デビュー作で大人気に

仲村トオルは、東京都大田区で生まれ、大阪府寝屋川市で3歳の頃まで育ち、神奈川県川崎市で暮らした後、小学3年生から千葉県流山市に移り住みます。したがって子供の頃から青春時代にかけては、千葉県流山市で最も長く過ごしています。

専修大学文学部に在学中の1985年に、オーディションを受けて、約6000人の中から映画「ビー・バップ・ハイスクール」の主役に抜擢され、20歳で俳優デビューをしました。

仲村トオルと言えば、ビー・バップ・ハイスクールという往年のファンは今でも多いでしょう。ビー・バップ・ハイスクールシリーズが大ヒットして、社会現象にもなりました。

ヒロイン役の中山美穂やヒロシ役の清水宏次朗とともに、トオル(中間徹)役の仲村トオルが大人気となりました。

かっこよくてまねして憧れた人も多く、一生忘れられない青春だと感じる人も多いでしょう。またまく間に、アイドルのようなスター俳優へと駆け上がりました。

人気ドラマで映画化も多数の「あぶない刑事」シリーズにも、1986年から登場して、コミカルなキャラで人気を確固たるものにしました。2008年からのドラマ「チーム・バチスタ」シリーズも代表作です。

1995年に鷲尾いさ子との結婚は美男美女でお似合いと話題になりました。長女のミオもモデルとしてデビューしています。

 

最近の出演作品について

2021年はドラマ「ネメシス」に出演し、7月から「八月は夜のバッティングセンターで。」で主演を務めています。

8月にはWOWOWの連続ドラマ「密告はうたう 警視庁監察ファイル」にも出演予定です。10月からのドラマ「日本沈没-希望のひと-」にも出演が予定されています。

デビュー以来35年以上経った現在も、人気俳優として活躍をしています。今後の活躍も楽しみですね。

 

公式サイトhttps://www.kitto-pro.co.jp/



関連記事一覧