松元克央が日本記録で自由形優勝!カツオ旋風で東京五輪も期待

松元克央が日本記録で自由形優勝!カツオ旋風で東京五輪も期待

松元克央が日本記録を更新する記録で優勝し、水泳自由形200mで圧倒的な力を見せつけました。東京五輪出場内定を獲得し、競泳界のホープとして期待されています。

まだ知らない人は、是非覚えておいてくださいね。世界も注目する競泳選手、「カツオ」こと松元克央選手について紹介しましょう。

 

金メダルも夢ではない

東京五輪選考会も兼ねた第97回日本選手権水泳競技大会において、2021年4月5日に男子自由形200m決勝がおこなわれ、松元克央選手が1分44秒65のタイムで優勝。

2位以下を3秒近くも引き離しての圧倒的な勝利です。ひとり異次元の泳ぎをしているような爽快な勝ち方でした。松元選手自身が1月に出した日本記録をさらに更新し、日本人初の45秒の壁を破りました。

この記録は、なんと前回2016年のリオデジャネイロ五輪の金メダルと同タイムなのです。さらに、松元選手が日本人として初めて、自由形200mの種目で、五輪や世界選手権において銀メダルを獲得した2019年の世界選手権の優勝タイムを上回っています。

記録を更新し続けて、成長著しい松元選手ですので、東京五輪で金メダルの期待が高まりますね。

 

福島への思いとカツオ

松元克央は、1997年2月28日生まれ、福島県出身です。母の出身地である福島県いわき市で生まれ、東京都の葛飾区で育ちました。

中学生の時に震災があり、福島県の人々に少しでも勇気や元気を与えたいと、プロフィールでは出生地である福島県を出身地としているのです。

名前の克央は、カツヒロと読みます。愛称である「カツオ」は、小学生の時からの愛称が定着していて、本人も気に入っています。泳ぎが上手く速そうで、しかもアニメのサザエさんとも重なって、親しみ感もありますよね。

公式サイト:https://company.central.co.jp/athlete/player/swimming/k_matsumoto/

 

自由形のスペシャリスト

186cmの長身で、スケールの大きな泳ぎが特徴です。数年前に肩を痛めた経験から、キック力を強化して、急激にタイムが伸びました。

現在セントラルスポーツに所属していて、ソウル五輪金メダルの鈴木大地選手を育てた鈴木陽二コーチの指導で、世界を狙える選手に成長しています。

日本選手権を3連覇し、日本記録も3度更新する自由形のスペシャリストです。自由形の種目で、世界で優勝を狙える選手が、日本選手で出てきたことが本当にうれしいですね。

 

カツオ旋風に期待

新記録を作るのでシンカツオ、後半の泳ぎも強いので追いカツオなどとも言われることもあります。東京五輪で金カツオを期待できる選手です。カツオ旋風を巻き起こしてほしいですね。応援したい注目の選手です。

関連記事一覧