トキワ荘マンガミュージアムの場所は?マンガの聖地が2020年に復元

トキワ荘マンガミュージアムの場所は?マンガの聖地が2020年に復元

トキワ荘マンガミュージアムの場所は、元々建っていた跡地なのか気になる人もいるでしょう。マンガ好きの人や、マンガ家を目指す人、昭和時代を懐かしむ人などにとって、新たな聖地が誕生しました。トキワ荘マンガミュージアムについて紹介しましょう。



トキワ荘とは

「トキワ荘」という木造アパートで、名だたるマンガ家が切磋琢磨したことはご存知でしょう。手塚治虫・藤子不二雄・石森章太郎・赤塚不二夫・寺田ヒロオ・鈴木伸一・水野英子・森安なおや・よこたとくお・山内ジョージなどです。

マンガの発展と歴史の舞台となった「トキワ荘」は、1952年に建てられた木造2階建てで、4畳半が10部屋ありました。手塚治虫が1953年から入居し、その後1960年代初めにマンガ家たちが次々と住むようになります。

マンガ家がたくさん住んでいた約10年間、当時新築後の新しいアパートだったのです。古い木造アパートをイメージしていた人も多いでしょう。少し意外な感じもしますね。築30年で1982年に解体される際、惜しまれる声もたくさんありました。

 

トキワ荘マンガミュージアム

トキワ荘をミュージアムとして復元したのは、東京都豊島区で「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」という名称です。

南長崎花咲公園(トキワ荘公園)内に2020年7月7日にオープンしました。2012年にトキワ荘跡地に建てられたモニュメントからは、200mほど西側になります。

当時のトキワ荘をほぼ同じ大きさで再現されました。階段はきしむ音がするように作られ、窓の手すりの錆や壁の変色など、レトロな雰囲気を出すために、いろいろな工夫もされています。

1950年代の昭和にタイムスリップしたような空間に、部屋や小物セットにまでこだわりが詰まっていて、生活感まで再現されています。マンガファンにとっての新たな聖地というだけでなく、昭和レトロファンにも懐かしさが思い起こされるおすすめのスポットです。

アクセス:東京都豊島区南長崎3-9-22(一般用の駐車場はありません)

・都営大江戸線【落合南長崎駅】A2出口より徒歩約5分

・西武池袋線【東長崎駅】南口より徒歩約10分、【椎名町駅】南口より徒歩約15分

開館時間:10時~18時(月曜休館)

※現在は事前予約制です。詳細は公式サイトでご確認ください。

公式サイト:https://tokiwasomm.jp/

 

トキワ荘通り界隈の散策もおすすめ

トキワ荘マンガミュージアムの界隈には、トキワ荘マンガステーションやトキワ荘通りお休み処、ゆかりの様々なモニュメントなどがあります。ぜひチェックしてみてくださいね。



関連記事一覧